MEN-DO-MI(面倒見)をカタチにする学習塾

小学部

「あったらいいな…」がきっとある。北進の小学部は講座が充実!

2018年2月小5・小6英語レギュラー授業化詳細

2018年北進の小学部は8名定員制へ詳細

このページの目次

北進自慢のプログラム

画像をクリックすると詳細な説明にジャンプします。

yomitorekikitore3dorillsnoukatumaileage

じっくり、しっかり。それは中学受験をしないから。

1.《国語》読みごたえのある文章を読み、語彙を増やします。

中学受験をしないからと言って易しい文章ばかりではありません。例えば、小4で扱う文章には、「周期」「一進一退」といった言葉が登場します。無理なく着実に語彙を増やすのが北進流です。

2.《国語》漢字ドリルは漢検対応。一学年上の級の漢字を覚えます。

オリジナルの漢字ドリルは漢検対応。しかも一つ上の級に設定しているので、例えば小4では小5の、小5では小6の漢字を覚えます。知らないうちに次の学年の予習をしているわけです。

3.《国語》国文法をしっかり理解し、英文法への土台を作ります。

名詞・動詞・形容詞・副詞等の日本語での概念を小学生のうちに正確に理解することで中学英語の学習につなげます。中学受験をしないからこそできる指導です。

4.《算数》計算ドリルは年間600題。反復演習でミスを減らします。

計算は算数の土台。だから北進は毎日学習できるよう、一冊200題のドリルを年間3冊使用しています。間違えた問題は繰り返し演習することで、ミスを減らすよう指導しています。また、2015年からは計算ドリル以外に新たに文章題ドリルと図形ドリルを導入し、計3種類のドリルを併用して真の「算数力」を養えるようバージョンアップを図っています。(算数のドリルについての詳細はこちら

5.漢字小テスト「みちのり」・計算小テスト「あしあと」

いくら中学受験をしないからと言っても、ただのんびり授業をするわけではありません。漢字は2週に1回、計算は原則として毎週小テストを行います。漢字については暗記することを宿題として課した書き取り練習の成果を、計算についてはドリルでの成果をそれぞれ試します。

6.《理科》実験教室

身の回りにある様々な器具、例えばペットボトルなどを用いての実験教室も定期的に行い、理科に対する興味や知識を深め、考える力を身につけていきます。過去には「タマネギのDNA抽出実験」、「電気クラゲ」、「柔らかい氷を作ろう〜過冷却〜」など多くの実験を行い、好評を博しています。

7.《社会》地理道場(小5)/歴史道場(小6)

小学部の社会では、通常の授業に加えて「地理道場」(小5)、「歴史道場」(小6)と題したプログラムを運用しています。このプログラムでは、中学校でも通用するような地理(都道府県/国名など)や歴史(年号/人物など)の事項を、楽しみながら暗記できるように工夫されています。

8.「ふりかえりテスト」で抜け落ち防止

北進では約2ヶ月に1回のペースで「到達度確認テスト」を行い、その期間で学習したことの定着度を測定しています。テスト前にはしっかり復習ができて高得点を取れる生徒も、数ヶ月経ってしまうとその内容がほとんど頭から抜け落ちてしまう…なんてことが少なくありません。そこで北進では、半年ほど前に実施された確認テストから問題を抜粋して「ふりかえりテスト」を実施しています。これにより、古い知識の抜け落ちを防止して着実にステップアップできるようにしています。



yomitorekikitore現在進められている大学入試改革により、「覚える」から「考える」への大転換が図られる見込みです。その時期は2020年の大学入試からです。
そこで、北進では今までの国語の授業(漢字・読解)に新たに「読みトレ」「聞きトレ」と題した新コーナーを加えることにしました。
「読みトレ」ではグラフや図から情報を“読み取る力”を、「聞きトレ」では読み上げられる問題文から情報を“聞き分ける力”を養います。いずれも暗記ではなく、情報を活用し考える力の育成を目的としています。


3dorills北進では、真の「算数力」を養うために、3つのオリジナルドリル(計算ドリル「はやぶさ」・文章題ドリル「りっしき」・図形ドリル「ひらめき」)を整えました。
計算ドリルでは、類題を何度も繰り返し解くことでミスを減らせるようになっています。
文章題ドリルでは、式に変換する際のキーポイントを発見するコツを習得できるように、また図形ドリルでは、図形のとらえ方・見方をマスターできるようになっています。
どのドリルにも意欲の維持・向上のため、「できた!」という実感を味わえるような工夫が随所に盛り込まれています。


noukatu数学が苦手な中学生で特に苦戦するのが図形。中でも立体は克服しづらい単元です。
そこで北進は、このような苦手意識を抱く前に立体のイメージをできる限り早期につかませてあげることが必要だと考えました。そして生まれたのが、小学生の算数の授業内で取り入れる「ノウカツ!」です。授業では実際に粘土を使って図形を作ったり方眼紙で工作をしたりします。実体験が伴うことでより身近に、また楽しく学習できるプログラムになっています。


maileage北進マイレージとは、ポイント制度のことで、これを貯めることで北進オリジナルステーショナリーグッズと交換することができます。通塾やテストでの高得点はもちろん、前回からの得点アップや授業日以外に塾に来て自習したときなどにもポイントを付与します。小さな積み重ねが大切であるということを育むためのプログラムでもあります。

PAGETOP